2024.03.29
ケア方法
どうすればいいの?『デリケートゾーンの洗い方』

デリケートゾーン用のボディソープで洗うこと

髪の毛はシャンプーで洗うように、デリケートゾーンにはデリケートゾーン用のボディソープを使うのがおすすめです。デリケートゾーンは名前の通りとても繊細な部位で、皮膚も薄いため、刺激を受けやすくトラブルも起こりやすい傾向にあります。

デリケートゾーン用のボディソープは、デリケートゾーンと同じPhのバランスで作られているなど、肌にやさしい処方が多く、起こりがちなトラブルのための成分なども配合されている場合があります。

ぬるま湯で洗うようにすること

同じ理由で、熱いお湯は肌への刺激が強くなりやすいため、ぬるま湯をつかうことで、デリケートゾーンに優しく洗浄ができます。

洗う順番はVライン、Iライン、Oライン

汚れのたまりやすい場所を最後にできるような順番で洗っていくことで、雑菌をほかの場所に移さずに済みやすくなります。ぬるま湯で洗い流したら石鹸をデリケートゾーンにつけて、人差し指と中指の2本指の腹で、Vラインをなでるように洗い、次にIラインのビラビラしている部分に移ります。Iラインには「恥垢」といって、古い角質や尿、汗が固まったものなどが垢となった状態でたまりやすいので、この垢をやさしく洗い流しましょう。恥垢は指で軽くこするだけで綺麗になるので、可能であれば手鏡で見たりしながら洗うのがおすすめです。

Iラインがおわったら最後にOライン

排便による菌が尿道や膣内に入ると大変なので、必ず最後に洗いましょう。

ボディソープはしっかりと洗い流すこと

ボディソープが肌に残っていると、肌への刺激になり、せっかくのケアも逆効果になります。洗い終わったら、ぬるま湯でやさしく丁寧に洗い流しましょう。

膣の中はボディソープでは洗わないこと

デリケートゾーンの中(膣内)はボディソープでは洗わないようにしましょう。膣の中にはもともと良い菌がいて、その菌が膣の中を常に清潔に、弱酸性に保ってくれています。これを「自浄作用」といいます。

わざわざ指を入れてその部分を洗ってしまうと、良い菌がいなくなってしまって逆にニオイの元になることがあります。

膣の中に違和感がするなど、通常の状態とは違う異変がある場合は、婦人科を受診するなど専門機関への相談をしましょう。

まとめ

日々のケアをするだけでも、デリケートゾーンの快適さは変わってきます。まず取り入れやすいお風呂時間のケアを、正しい方法でぜひはじめてみてください。